平松推しになった日

ボイメンとの出会いや、平松推しになったきっかけなどを書いてみたらどう?とお題を頂きまして、自己紹介代わりにその辺りのお話をします。平松推しです。よろしくお願いします。

仮面ライダー鎧武を見て、小林豊さんに興味を持ったのが最初のきっかけでした。調べると、小林さんはBOYS AND MENというグル―プに所属していること、でも関東ではそのグループの番組が見れないことがわかりました。見れないなら仕方がないな、と諦めてから何ヶ月か後、テレビをつけるとかっこいい青年たちが写っており、「…これは…BOYS AND MENでは…どうして関東の我が家で…!?」と画面にかぶりつきました。

どうやら新番組(当時)の「ボイメン☆MAGIC~夜の魔法をキミに~」はTOKYO MXでも放送されている(いた)とのこと。たまたま探偵ナイトスクープを見た後、チャンネルをTOKYO MXのままにしていたことで、私はボイメンに出会うチャンスを得たのでした。西田局長ありがとうございます。そして、この新番組を「水野くんがかっこいい」「こばゆた(小林さんは当時俳優界隈でそう呼ばれていた)が面白い」この2点で毎週見続けることに決めました。

 

番組は普通に面白いのですが、誰が一番好きと言った気持ちは芽生えないまま、9か月ほど経過します。この番組では、水野さん、田中さん、平松さんが激熱料理を無理して頑張って食べると言うバラエティー企画が不定期で放送されていました。最年少メンバーの平松さんはこの企画にかなり懸けており(他に出ている企画がない)、人一倍激熱料理と真摯に向き合います。そんな中、リーダーである水野さんと、兄貴分である田中さんが激熱料理に怖気づいてしまうシーンがあります。そんな弱気な二人を見て平松さんが放った言葉は「おい!シルバー筋肉とゴールデンノッポ!!!なんだよお前ー!!!」でした。その瞬間、私に衝撃が走りました。メンバーカラーを交えつつ、二人の特徴を的確に表すそのワードセンス、特に「ゴールデンノッポ」の語呂がよすぎやしませんか?え?今考えたのそれ?好きです!私、この平松賢人って人のこともっと知りたい!!!となりました。(この企画以降、平松さんだけ激熱料理を食べてもやけどをしなくなったらしいです。)

 

youtu.be

 

急に平松さんに興味が出てきてしまった私にYouTubeがおすすめしてきたのは、ボイメンがトーナメント形式で手押し相撲を行う動画でした。大興奮状態の私はその動画をすぐ見ました。そしてすぐ平松さんのことを好きになりました。だって面白いんですもん。みなさんアゴから崩れ落ちる人なんて見たことありますか?私は初めて見ました!(あとこの時期の吉原さんがぽっちゃり期なのもめちゃくちゃ面白いので、この動画好きです。)

 

youtu.be

 

ameblo.jp

最近なかなかグループの活動に参加できてなかったのは
人狼ゲーム ロストエデン』人狼ゲームシリーズ初のTVドラマ
人狼ゲーム インフェルノ』映画
の撮影をしているからなんですーー😊‼︎
僕がTVドラマと映画ダブルで出演だよ🤣❕❔
平松界隈がスタンディングオベーションしてくれてるはず‼️
涙を流して喜んでくれているはず‼️笑^ ^

ワードセンスの話に戻りますが、この「平松界隈がスタンディングオベーション」、語感がとてもいい上に、確かにこのとき平松推しは大喜びだったので、表現としても的確です。コーヒーショップで売られるドリンクのサイズ、ショート、トール、グランデときてその上のサイズがわからなくて「デキャンタ」と言う。スポライで唯一優勝していないことすらもう面白い。(ワードセンス関係ない)

 

www.nikkansports.com

 「中学から顎が伸び始めて、ボイメンでもいじられてきた。コンプレックスもあったけど、武器になるかなと思っていたら、ようやく生きるタイミングが来た」と話し、「顎のコントロールがすごく利いて、正確に(顎をベルに)落とせた」と、試合後のアスリートのようなコメントで笑わせた。

あと、「ボイメン ギネス」と検索すると平松さんが「1分間で最も多く顎で卓上ベルを鳴らす」ギネス記録を塗り替える記事が出てきます。 顎でベルを多く鳴らすギネス記録(非公式)持ってる人、面白くないですか?興味出ませんか?とにかく私にとって平松さんはツボなのです。

 

1人を好きになることで、ぐっとボイメン自体にも興味が強まり、ライブDVDも集め始めます。平松さんって面白いだけじゃなくて歌とダンスもうまいんだ!と知れば知るほど好きになりました。(これは現在進行形です。)

 

ちなみに平松推しの大先輩である野々田奏さん(祭nine.)も平松さんのギャグセンスがお好きとのことです。

99