ボイメンと後輩(勇翔編)

友人からのリクエストです。勇翔さんと言えば、ボイメンの中でもお芝居のイメージが強いメンバーの一人です。ボイメンのお芝居は、初期のミュージカルから始まっていると思いますが、ここ数年では、映画やドラマなど、映像のお仕事が多い印象です。近年では数少ない舞台出演のひとつに「あさきゆめみし」と言う作品があります。

あさきゆめみしは、2016年から年に1度上演される、「なごや万華鏡落語」という公演の中で行われる演劇です。勇翔さんは2016年に祭nine.の寺坂頼我くんと、2017年に平松さん、BOYS AND MEN研究生の北川せつらくんと出演しました。私は2016年の公演に立ち会っていませんが、ブログやインタビュー、当時の台本を読んだことから勇翔さんに感じたことを書きたいと思います。

2016年の初演が始まる前のインタビュー記事で勇翔さんがこのようなことを言っています。

mantan-web.jp

キャストの中で一番の先輩というのは初なので僕の力を試されているような感じもしますが、よいスキルアップにもなると思います。

後輩との二人芝居なので、必然的に一番先輩になるのですが、その点を意識しているように感じます。そして、この公演が終わった後、共演した寺坂くんは勇翔さんについてこうお話しされています。

ameblo.jp

勇翔さんと仲良くなりたい!!って
恐れ多いことに目標を勝手に掲げてた僕!

本番前、
緊張でじーっと前見て
カチコチになってたであろう僕に
肩をモミモミーってして、
リラーーックスリラーーックスって
やってくれたのは永遠の思い出です!
芝居でも悩んでて考え過ぎてしまう僕に
その都度声かけてアドバイスをくださって、
本当に頼りになる兄ちゃんでした

お芝居のスキル的な部分ももちろん指導されていたと思いますが、精神的なサポートをされていたことを寺坂くんは多く話しています。別のブログでも「心の距離感が縮まった気がする」と言っており、そういったコミュニケーションがうまく取れたこともあって、いい作品ができ、翌年以降のあさきゆめみしに繋がったのではないかと思います。(観劇した方々の感想を聞いて)

2年ほど前の雑誌*1に勇翔さん、平松さん、吉原さんのBOYS AND MEN「年下組」のインタビューが掲載されているのですが、その中で勇翔さんが「年下組として今後どんなことができるのか」という質問に対してこう答えています。

年下ということだけじゃなく、研究生も入ってきて後輩も増えているので、その中間として、年下の気持ちも年上の気持ちも両方わかる人になりたいなと思います。それがBOYS AND MENやその研究生たちを含め、全体の力が上がっていくことにつながるんじゃないかと思うので。

2016年当時のボイメン界隈(男性グループ)はボイメンとボイメン研究生だけという構成でした。ボイメン研究生の勢いも増してきた頃で、ちょうど誠メンバーは狭間の世代でした。推測ですが、このインタビューを受けた頃は、あさきゆめみしで寺坂くんと二人芝居をやることは決まっていた時期ではないかと思います。

これに限らず、色々な後輩メンバーたちのブログを遡ると、「目が合うとにらめっこして緊張をほぐしてくれる」、「稽古中に目を合わせて笑ってくれる」など、細やかなコミュニケーションを後輩と取っているのが読み取れます。

2017年のあさきゆめみしは、後輩メンバーの中では北川くんと共演しました。北川くんはあまり多くを語りませんが、勇翔さんについてはこう話しており、

力を*$etsura* | BOYS AND MEN 研究生オフィシャルブログ「ボイメン 研究生のブログ」Powered by Ameba

勇翔さんと共演できた
あさきゆめみし

この舞台で勇翔さんとお芝居ができて
ものすごく演技が楽しくなりました!
勇翔さんは僕のお父さん役でした。

一緒にステージに立っているときは
本当にお父さんのように感じました

そして、あさきゆめみしをきっかけに、演技への意欲が増していることを下記のブログで語っています。(主に演出家さんの話ですが)

演技*$etsura* | BOYS AND MEN 研究生オフィシャルブログ「ボイメン 研究生のブログ」Powered by Ameba

ボイメンと後輩メンバーは一緒に仕事をする機会がそこまで多くありません。後輩メンバーにとってのボイメンとは、大きな先輩であり、目の前にすると緊張してしまう存在であることが、ブログやイベントの様子から感じます。勇翔さんは上下関係をなくすというわけではないけれど、そこにある垣根を少しでも低くし、後輩に歩み寄って、一緒にいい仕事を作っていこうとしているのかな、それが先輩としての在り方なのかなと勝手に解釈しています。

 

ここまでもかなり主観的だったのですが、ここからはより主観の強い内容です。

今年のあさきゆめみしを観に行きました。今回は研究生メンバーだけの出演で、昨年に続いて、北川くんはシリーズのメインテーマに苦しむ難しい役どころでしたが、本人の努力による余裕だったり、ストーリーのコメディ要素が高くなっていたり、同じグループのメンバーと一緒だったこともあったのか、のびのび演じていたように思います。

今年はどんなストーリーなのだろう、とか、米谷くんはどんなお芝居をするんだろう、落語を見に行く機会もあまりないからなあ、と言う気持ちで今年もチケットを入手したのですが、お芝居を見ていて、ふっと勇翔さんと平松さんの空気感を感じた瞬間がありました。同じシリーズとはいえ、話は繋がっていないので、演出上のものではないと思うのですが、北川くんの発するセリフでのことでした。

名古屋能楽堂という同じ場所で、昨年も今年もあさきゆめみしを観れてよかったな、と思ったことの一つは「昨年、勇翔さん、平松さんと一緒にお芝居を作った北川くん」が「今年、研究生メンバーとお芝居を作った」のだなあ、と感じられたことです。具体的に何、とは言えない何かが引き継がれているような気がしたのでした。


f:id:tokyo-0707:20181015083436j:image

去年のフォトセッションの様子(勇翔さんいません)

88

*1:廣済堂出版 「W! Vol.11」(2016年10月発売)