私と渋谷マルイの500日(再掲)

ナゴヤドーム応援チャレンジが始まる前(9月頭)に書いたブログを一度下げて、再掲するずるい作戦です。加筆修正して出そうかな、とも思ったのですが、記録なのでそのまま載せようかなと思います。今年も残すところ1か月ちょっと、祭nine.のリリイベとボイメンのリリイベも来月に終わります。そんなわけで、これまで参加してきたリリイベを振り返るエントリーも記録として書いていきたいと思いました。私のリリイベと言えば渋谷マルイさんが大きな存在なので、このタイミングかなと。

**************************

お友達からテーマを頂いたのでブログを書きました。私の大好きな渋谷マルイさんでの思い出日記ですね。渋谷マルイさんは、関東のボイメンファミリーがよくお世話になっている場所かなと思います。イベント会場の提供、出張ショップ、ガチャガチャやクレーンゲームの設置など、東海地区中心に活動するボイメンを関東でも応援できる心強い味方です。


初めてマルイさんに行ったのは2016年の夏だと思います。なので実際はマルイさんデビューしてから700日以上ありますが、頂いたタイトルなのでそのまま500日を使わせて頂きます。この時期は8階のイベントスペースに出張ボイメンショップができて、名古屋やイベント会場に行かないと買えないようなCDやグッズを売ってくれたのが嬉しくて、はしゃいで行きました。


コラボスイーツ、ドリンクの販売なんかもありましたね。この夏にBMK(当時研究生トウキョウ)の松岡くんが、マルイさんで特典会をやっているのを見かけるのですが、「へえ~、研究生」と思ってそのまま帰ったのを覚えてます。たぶんまだタイミングじゃなかったのかな(?)。


夏から急に秋冬の話になりますが、池袋でBMKのリリイベに参加したことをきっかけに研究生トウキョウのファンになって、イベント開催が多かった渋谷マルイさんとの距離がグッと近づきます。


ameblo.jp

現・祭nine.の横山くん、BMKの松岡くん、佐藤くんがドドンコDon't worryのリリースイベントでトークライブをやっていたところに遊びに行きました。めちゃくちゃアットホームなイベントでした。この日は祭nine.の浦上くんも電話出演していたので、当時の研究生トウキョウ全員を知ることができたな、と振り返るとレアな回でしたね。


ameblo.jp

ドドンコの発売日にも運よく立ち会えました。オリコンデイリー1位と聞いたときは、「研究生すごいんだね!?」とびっくりして。横山くんと佐藤くんはその発表を聞いて大泣きしていたけれど、選抜メンバーの松岡くんはあまり何も話さず、涙をこらえていたのが印象的でした。飛び入り参加したボイメンの田村くんがチャート1位を踏まえて、「これはゴールじゃなくて、スタートだから。これからお客さんに感謝の恩返しをしていくんだよ。」とトウキョウメンバーにアドバイスしていました。


ameblo.jp


後日、研究生トウキョウを振り返るイベントで、横山くんが「(ドドンコの)選抜メンバーになれなくて悔しかった。でも選抜されたメンバーを嫌いになることは一度もなかった。このリリースイベントが始まる前までの自分はすごくかっこつけてたけど、かっこつけるのをやめようと思った。」と話していたのが印象的でした。こうやって、メンバーの思いがたくさん聞けるのってすごくいいなあと。狭い空間でぎゅうぎゅうのお客さんがにこにこしてメンバーを見守っている空気感がありました。


ameblo.jp

ボイメンの小林くんも結構遊びに来てくれたりするんですよね。小林くんのことが大好きな松岡くんが緊張するのがほほえましいです。


マルイのスタッフさんたちがお客さんの後ろでトークライブを見る(見守る)ことがあるんですけど、本当にメンバーとスタッフさんのいい関係性が見えるのが素敵なんですよね。メンバーの誕生日や新曲発売のときは小さなくす玉を用意してくれて、中の幕も毎回内容変えてくれたりして。そういうところも、見ているお客さんがいつもほっこりして、笑顔で渋谷を後にできることの一つかなって思います。


ameblo.jp
誕生日といえば、2017年5月にBMK佐藤くんの誕生日をマルイさんでお祝いさせてもらう機会がありました。浦上くんのブログに写真があるように、この日もくす玉とケーキが用意されていました。加えて、このブログにはマルイさんに触れている部分があります。

やっとこの4人で東京でイベントが出来ました。
しかも渋谷マルイさんでやらせていただけて、
本当に本当に嬉しかったです\( ˆ ˆ )/♡
何回かイベントを行わせていただいたことはあったんですけど、
それは13人全員で来た時だけでした。
その度にマルイさんから
「次はうらぽんも来て4人でやろうね」
って毎回毎回言ってくださっていて、
ファンのみなさんだけじゃなく、
マルイさんにもやっとこの4人が集まった姿をお見せすることが出来ました。
東京でこの4人が集まることを待っていてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

当時、研究生トウキョウの中で浦上くんだけ京都在住だったため、東京のイベントに参加するのが難しかった背景がありました。東京で4人が揃う待望のイベントではありましたが、この時すでに祭nine.が結成されており、4人の研究生トウキョウは松岡くんと佐藤くんの2人になることが改めて発表された場でもありました。佐藤くんの誕生日をお祝いするムードもあったものの、終盤になるにつれて、トウキョウの形が変わってしまうのだというしんみりした雰囲気になっていったように感じます。

でも、横山くんのひとことでその場が盛り上がって、その状況を佐藤くんが半分呆れながらツッコむという一連の流れが起きて、これからの変化を不安に思うお客さんたちの気持ちを明るくさせてくれる、いつものトウキョウの形でイベントを締めくくってくれました。

その後、松岡くんと佐藤くんからもトウキョウの名前は外れてしまって、トウキョウというグループはなくなってしまうのだけれど、そのあと研究生東京というグループができて、何かを引き継いでいこうとしてくれたりするのを見ることができたのはよかったなと思います。



ここからはほんとに思い出振り返りです。

レモネード屋さんにめちゃくちゃお世話になりました。写真のピントは合いません。


話しにいったら、古参マウント取られました(病んでない)。


マルイさんやさしい。


すごい。


とにかくメンバーが何かすると褒めてしまうお客さん。


これはボイメンの帆を上げろ!のリリイベのときです。配慮がすごい。


本田くんの言う通りにします。


ちゃんとスペース詰めました。


どうしてこうなった。


ちょっとくらい友達と離れても平気ですよ(やさしい)。


帆上げのリリイベで死ぬほどアイスの食べ合わせをばかにされた


冬のマルイさんも手厚い


マルイさんに来ると友達にも会えるしね!


マルイさんはイベントあるときも楽しいけど、ない期間でも楽しませてくれるのでついつい遊びに行っちゃうんですよね。以前、1階スペースにボイメン、祭nine.、BMKメンバーのパネルを置いてくれてて、しかも配置もちょこちょこ変えてくれたりして、見に行くのだけでも楽しかったな。とても素敵な配置の時があったので、それだけ写真載せておきます。

f:id:tokyo-0707:20180901220618j:plain

ブログの締め方わかりません。これだけマルイさんマルイさん言ってますが、まだエポスカード作ってません。

45