Power of Dream 聴き比べ

2016年の夏にフォーチュン各グループがインディーズでリリースした「Power of Dream」というシングルがあります。BOYS AND MEN ver.、BOYS AND MEN研究生 ver.、BELLY BUTTON・あいち☆乙女組(現おとめボタン) ver.の3種類のリリースですが、グループによって歌割の構成や、カップリングの雰囲気が異なるので聴き比べてみました。

 

BOYS AND MEN

基準となるバージョンです。基本的に複数人が各パートを歌い、Cメロまでソロパートがありません。Cメロ後半にやっと「夢語れる大人であれ」で吉原さんのソロが出てきます。その次のサビは水野さんのソロから平松さんへのソロへ、そしてまた斉唱パートとなります。

カップリングはFive&Fire(Yankee5)の「イノセントガッツ」とOSAMU(誠)の「ロマンス」です。イノセントガッツはコミカルな曲調で、ロマンスは愛に気づいてほしいあの曲のカバーです。表題曲の情緒はどこへやらといった構成ですが、それもボイメンらしいと言えます。

「Power Of Dream」BOYS AND MEN ver. | BOYS AND MEN

 

BOYS AND MEN研究生

BOYS AND MENよりは高めの声で構成されている印象です。Aメロ前半はソロパートなのが研究生バージョンの特徴です。1番は寺坂くんから野々田くん、2番は横山くんから清水くんのソロパートから始まり、Aメロ後半とBメロは複数人パートになります。

Cメロの「夢語れる大人であれ」が寺坂くんのソロ、その次のサビが寺坂くんと野々田くん二人パート、そして横山くんと松岡くんの二人パートに続きます。BOYS AND MENバージョンより歌割が細かいと感じます。

カップリングはかわいらしい曲調の「ウィシュハピ」です。遊園地感というかおもちゃ感というか、そんなイメージの曲で、最後の方にバック宙するところがあるのですが、それもいつものかっこいいアクロバットと言うよりは、ポップでサーカスっぽい感じがします。

「Power Of Dream」BOYS AND MEN 研究生 ver. | BOYS AND MEN 研究生

 

BELLY BUTTON あいち☆乙女組

女性グループが歌うということもあって、基準より2つ高いキーになっています。男性グループバージョンと異なり、Cメロ以降も含めて、ソロパートがありません。インストもキーを上げているだけなのですが、何だか甘酸っぱいような、切ない印象もあります。

カップリング「打ち上がってベイベー!」はとてもかわいくて、合いの手もとても楽しい曲です。「かーぎやー!」「たーまやー!」という合いの手も楽しければ、メンバーが「好きだよー!」と歌うと、こちらからは「俺(私)もー!」と返せるハッピーソングです(公式の合いの手です)。なんと東海ウォーカーチャンネルに合いの手講座があるんですね。現在もおとめボタンのライブの定番曲のようですので、覚えていくと楽しいとと思います。

「Power Of Dream」BELLY BUTTON & あいち☆乙女組 ver. | OTOME BUTTON

 

FORTUNE ALL STARS

Cメロの「夢語れる大人であれ」が谷口社長で、あとのソロはBOYS AND MEN版と同じです。終盤の「ラララ…」はライブで録音したファンの歌声が収録されています。どのCDにも入っています。

 

今年の夏、このPower of Dreamを題材にしたミュージカルを、おとめボタンを中心にした若い女性だけで上演しました。ストーリーはアイドルを目指す女の子たちと、マネージャーが目の前の壁にどう立ち向かうかといった内容でした。実際に夢を持っている女の子たちで作り上げた夢のお話なので、ひとことひとことに説得力があり、その熱ときらめきをこの曲にぶつけたシーンは涙無しには見られませんでした。個人的にはそんなこともあり、出会って2年越しで特別な思い入れができた曲です。

80

名古屋観光しよう!(久屋大通公園フラリエ)

ボイメンナゴヤドームに合わせて名古屋観光しよう!の話です。今日ご紹介するのは、久屋大通庭園フラリエというフラワーガーデンなのですが、ライブのある1月にどのくらい花が咲いているのだろうか…と心配になって公式ホームページを見たら、1月の花としてパンジーやハボタンが見られることが書いてあったので、安心して紹介します。

www.flarie.jp

土田さん推しでお花の大好きなお友達が一緒だったので、フラリエも観光キャンペーン(2016年11月終了)で回る必須ポイントでした。お花に囲まれても華やかさで引けを取らない土田さんにぴったりの場所ですね。

f:id:tokyo-0707:20181017002411j:plain

フラリエのいいところは、入場無料でお花をたくさん見れるところです。庭園に入るとすぐ、華やかに彩られた植木鉢を見ることができます。たぶん。1月もそうだといいな。敷地も広いので、植物に囲まれた園内をぐるりとお散歩するのも楽しいです。

f:id:tokyo-0707:20181017003147j:plain

大温室ではイベントも頻繁に開催されているようで、この記事を書いている10月時点では「秋のラン展」が開催される予定です。クリスマス時期もこのあたりがにぎやかになるそうです。大温室を撮った写真がこれしかなくて、なぜ花を撮っていないのだろうと2年前の自分に問いたいですね。

f:id:tokyo-0707:20181017003314j:plain

フラリエの中には実際に鉢植えや切り花を購入することのできるお店や、ハンドメイド雑貨を販売するお店も入っていて、お買い物も楽しむことができます。レストランやカフェ、屋外にはビアガーデンもあるので、一休みに立ち寄るのもいいですね。

フラリエはアクセスがよく、最寄り駅はBMシアターやNDPスタジオからすぐの矢場町ですが、栄駅からも歩くことができるので、お買い物の隙間時間にふらっと寄ることができます。また、BMショップ&カフェに近い上前津駅も徒歩圏内です。ショップでお買い物をして、そのまま大須商店街巡りをしてからフラリエに寄るお散歩コースもアリかもしれません。

f:id:tokyo-0707:20181017004557j:plain

私が説明するよりも、ボイメン課の動画を見て頂くのが一番わかりやすので、お花が好きでお時間のある方はぜひご覧ください。

www.youtube.com

サムネイルは田中さんですが、ボイメン課でこのフラリエを紹介してくれるのは、祭nine.の寺坂くんと清水くんです。余談ですが、祭nine.はイベント会場に雨を連れてくることに定評があります。番組初回、フラワーガーデンを紹介するのに早速雨の中というのが彼ららしいなと思いました。

 

本当は名古屋港ワイルドフラワーガーデン・ブルーボネットも紹介したかったのですが、12/26~2月末まで閉園しているようでした。ナゴヤドームに合わせて行けないので、暖かくなったら遊びに行ってみてください。お花がきれいです。(当時一番くじで売られていたボイメンのぬいぐるみと一緒に写真を撮るのがトレンドでした。)

f:id:tokyo-0707:20181017002003j:plain

このブルーボネット、一昨年の秋に行っていたキャンペーン時には田村さんのポスターが貼られていました。

f:id:tokyo-0707:20181017002109j:plain

81

NO LIMITのかけ声って何て言ってるの?

「NO LIMIT -Instrumental-」(通称ノーリミ)はBOYS AND MENやその研究生がライブやイベントのときに流す入場曲(Overture)です。リリースイベントに来たり、ライブ映像を見たことがある人はピンと来ていると思います。(下の動画で最初に流れている曲です。)

数年前の話です。ボイメンを好きになってしばらくの間は家で見れるテレビ番組や配信、今まで発売されたDVDをかき集めては視聴していくことをしており、「ボイメンのライブ」に行ったことがありませんでした。

あるとき、そのボイメンのライブが見たいあまり、リリイベのミニライブを見に行くことになりました。いよいよライブが始まるとなって、ノーリミが流れます。すると始まってすぐ、周りの人たちが「(英語っぽい何か)!(英語っぽい何か)!BOYS AND MEN!」と叫んだのです。私は何かのコールなんだろうと察するも全く聞き取れずパニックに陥ります。ノーリミ終盤でも同じコールが繰り返されるのですが、やはり最後の「BOYS AND MEN!」しか聞き取れませんでした。

 

当時その謎を聞けるベテランの友人はおらず、私が頼れたのは「ライブDVD」、「CD音源」、「同時期にボイメンを好きになったイベントにあまり行かない友人」の3つでした。

まずライブDVDですが、音質がさほどいいものが当時販売されておらず、ファンが何かを叫んでいることはわかるものの、具体的なヒントは得られないまま私は繰り返し再生するのを止めました。

次に音源ですが、やはりライブ映像よりは鮮明に聞こえるので、ここで繰り返し聞けば謎は解けるだろうと思いました。聞き取れない箇所は2箇所。「BOYS AND MEN!」の前の「英語っぽい何か(前半)」と「英語っぽい何か(後半)」です。

まずは、前半と後半に分けて考えようと何度も音源を聴きます。前半を繰り返し聴いていくのですが、最初に聞き取れたのは「………ァーイ…」という音でした。更に何度も聴くと、「……ィー…ァーイ…」とここまで聞き取れてきました。そして私の出した答えは「Let me fly」でした。

番組でも全国制覇とか、海外とか言ってたし、きっと彼らが羽ばたくようにと言う意味なんだろうなとそう結論付けることにしました。前半部分の解明のため、毎日お風呂で防水スピーカーを使って聴き悩んでいたのですが、この時点で1週間程度要しています。後半部分を解き明かす気力はもうありません。「きっと英語なんだろうな」「Let me flyと似たような語感なんだろうな」という理由で私は勝手に後半部分を「Don't be shy」とすることで自分一人での謎解きを終わらせることにしました。

自分のファイナルアンサーを「Let me fly!Don't be shy!BOYS AND MEN!」としたところで、最後に友人に見解を求めました。友人も私と状況は似ており、あまりイベントに行かない、ベテランの友人はいない、よって自身の耳で確かめるしかない状況でした。そして友人の出した答えは「海老、鯛、マヨマヨ」でした。

めっちゃおいしそうだけどまさかそれはないのでは…と思い、もう一度CD音源を聴き返すと、あれ、エビ…タイ…マヨマヨ…聞こえなくもない気がしてきました。特に後半はDon't be shyよりも明らかにマヨマヨの方が近い、まさか…と混乱する私にチャンスが巡ってきます。

とあるイベントでフォロワーさんにご挨拶させてもらえる機会があり、少しお話ししたあと、どうしても聞きたかったんですけど、と話を切り出します。すると返ってきた答えは「あ~、あそこは『Yankee5!誠!』ですよ!」でした。アハ体験です。「な、なるほど~!!!」とそこに思い至らず聞いてしまったのを恥ずかしく思うものの、ずっと抱えていたモヤモヤが取り払われました。

このコールをみなさんが叫ぶか叫ばないかはご自身の判断ですが、私と同じ状況の人がいたらご参考ください。誰からも教えてもらえず、勝手にはまって周りに先輩がいないと、こういうことで悩む人もいるんだよ、と言うお話でした。

82

ボイメンと後輩(勇翔編)おまけ

前回のエントリーがちょっと固すぎたので、ライトめな話をします。勇翔さんのことが大好きな後輩メンバーと言えば祭nine.の浦上くんです。勇翔さんのことをかっこいいと、ボイメンに興味を持ち、研究生(当時)に加入した経緯があります。

今回もブログを引用しつつ、お話していきたいのですが、浦上くんはファンに近い目線でものごとを見る人です。勇翔さんについて触れるときも、「好きです!」の気持ちがそのまま文章に出ていたりと、その要素が見られます。平松編でも触れたのですが、YAMATO☆Dancingのリリイベ時、研究生メンバーがお客さんといっしょに特典会へ参加したときの浦上くんのブログです。

ameblo.jp

勇翔さんかっこよすぎでした…
ちょっと待って、
自分でもびっくりするくらい顔パンパンやねんけど爆笑
今日コンディション悪かった。
ねえ!もっと目開けなかったの!?
もっと自然な笑顔ができなかったの!?
うわ〜〜
もっかい行くしかないこれ

自分が好きな人の横でうまく写れなかったこともあり、他の研究生メンバーが1回しか参加していない特典会に複数部参加するほど、その熱狂ぶりがうかがえます。ツーショット写真の表情もとても固くて、緊張しているのが伝わってきます。

熱狂的と言えばこれも一昨年ですが、サンシャインサカエさんでコラボしたボイメン屋台(ドリンクを買うとランダムでメンバーのうちわが当たる)でのブログが目に留まります。

ameblo.jp

そこで勇翔さんの団扇をいただいたんです!!
ランダムですよ!?
すごくないですか!?
強運ですね〜

ボイメン屋台で勇翔さんの団扇を自分で引いて喜ぶ浦上くんです。

ameblo.jp

そしてそしてお気付きの方もいると思うのですが…
団扇が今回も勇翔さんだったんです! 

しかも、2日続けて勇翔さんの団扇を自分で当てます。そしてその団扇と勇翔さんのパネルの前で嬉しそうに写真を撮っているのが微笑ましいですね。


とまあ、ここまでファン目線で勇翔さんのことを好きな浦上くんが面白かったのでご紹介してきたのですが、浦上くんはただ好きというだけでなく、尊敬している先輩にもずっと勇翔さんをあげています。 ameblo.jp

めちゃくちゃイケメンな顔が好き!
と思って調べましたがだんだん知ってく中身がとても素敵な方でした。
 
会ってご挨拶をさせていただくといつも勇翔さんの方から僕たち後輩に話しかけくれたり、
一緒にお仕事をさせていただくとアドバイスやフォローしてくださる優しいところ、
自分のポジションをしっかりと全うしてるところ、
誰に何を言われても自分を貫くところ、
そしてお芝居をしている姿がめちゃくちゃかっこいいところ。
 
他の子みたいに、
俳優になりたいアーティストになりたいエンターテイナーになりたいとか自信を持って言えるタイプではないですけど
 
自分に正直に自分を貫く姿勢は見せたいなって思いました。 

浦上くんは今までのフォーチュンタレントにいない個性的なタイプだと思います。加入当初からアイドル感たっぷりのブログ様式、一人称が「浦上」、ファン目線での発言や強すぎる握手(あの辻本さんより強いかもしれない)など、初めから独自の路線を突き進み続けているメンバーです。その背景に、尊敬している勇翔さんが持っている「自分を貫くところ」もあるのかなとブログから読み取りました。

さらに、「いつも後輩に話しかけてくれる勇翔さん」とありますが、エリア研究生のブログを覗くと浦上くんも後輩に率先して声をかけていることがわかります。

今日は何の日!!(怜苑) | BOYS AND MEN研究生 関西オフィシャルブログ Powered by Ameba

いつもいつも会う度に話しかけてくださって、浦上さんのソロライブのときはぼくの名前をおっしゃってくださって聞いた時はびっくりしました!!!

あめゆじゅとてちてけんじゃ☀︎あゆむ☀︎ | BOYS AND MEN研究生 名古屋オフィシャルブログ Powered by Ameba

エリアの名前を全員覚えていて

ブログも見てらっしゃるそうで!

僕もこんな先輩になりたいなぁと思います!

後輩のブログをちゃんとチェックしていたり、顔を合わせると名前を呼んで声をかけたりと、浦上くんも一番後輩だった時期が長かったこともあり、親しみやすい先輩になろうとしているのかもしれません。印象としてはまったくキャラクター性の違う二人ですが、浦上くんは勇翔さんの背中を見て自分の進み方を考えているんだなと感じました。

 

ameblo.jp

3回オーディションに応募して、落ちて、
4回目でようやく研究生になることが出来て、
数を送ることが正解じゃないけどめげずに送り続けて良かったなと思います。笑

最後、勇翔さんの話からは離れますが、浦上くんはなかなか機会に恵まれず、それでも何度もチャレンジした結果、ボイメン研究生に入った経緯があります。京都に住みながらもボイメンにこだわり続け、1回だめだったとしても諦めなかったのが、何だか”ボイメンらしい”人だなと、ブログを読み返していて思いました。

83

渋谷マルイさんに行くにはハチ公を目指せ

ボイメンや後輩グループがよくお世話になっている関東のイベント会場のひとつ、渋谷マルイさんのお話です。リリースイベントや、ラジオのイベント収録など、お向かいのMODIさん(HMV&BOOKS SHIBUYAさんが入っています)と合わせてよくお世話になります。

名古屋のBMショップにある缶バッジのガチャガチャ(今はハロウィンガチャ)や、インディーズCD・DVD、ペンライトなどを置いてくれたりと、関東民に優しいお店です。

あと田村さんや平松さん、また、関東在住の後輩メンバーを中心に、東京でのチラシ配りの拠点にしているようで、イベントのある日はもちろん、ない日でも空き時間に広告活動を行っているようです。

今日は朝から東京でお仕事をさせてもらって、夕方頃に終わったので、渋谷でチラシ配りをさせてもらいました!!

さて、そんな今日もけんぱとお仕事をしたあと、、

平松さんと一緒に渋谷マルイさんの前でチラシ配りをしました♡♡♡♡

渋谷駅から徒歩5分以内ととてもアクセスがいい渋谷マルイさん。JRから来るときはハチ公口、京王井の頭線で来るときも中央口から出てエスカレータを降りれば、すぐスクランブル交差点が見えます。交差点に立てば、そこからはもうマルイさんが見えるのであまり迷わないと思います。

問題は東京メトロです。副都心線半蔵門線、直通運転も含めれば、 東急東横線田園都市線から来ることができるのですが、いかんせん出口が多いです。どこから出れば渋谷マルイさんに行くことができるのか。答えはとにかくハチ公前に出ること。そしてその出口、それは8番出口です。いいですか、ハチ公前に出るのには8番出口です。ハチと8で覚えやすくないですか。これだけ覚えていれば、駅員さんが見つからなくても、案内板で「8」を探せばマルイさんに近い出口に辿り着くことができるのです。

ここから先は、マルイさんで楽しめるスイーツの写真を掲載して終わります。

今、1階にあるタピオカドリンク屋さん「TEA18」のレジで、「祭nine.考案のドリンクを飲みたいんですけど」と言ってメンバー名を伝えると、そのメニューを買うことができます。

あと同じく1階にあるアイス屋さんのミルクアイスもめちゃくちゃおいしいです。

f:id:tokyo-0707:20181017094414j:image

ナゴヤドームまでにボイメンがマルイさんに来ることがあるかもしれない、そこに関東の人が来てくれれば、ナゴヤドームを検討してくれるかもしれないという思いで書きました。生き急ぎすぎて下書きのストックがなくなったとかではないです。

84

名古屋観光しよう!(名古屋港水族館)

ボイメンのナゴヤドームライブに合わせて名古屋観光をおすすめする記事です。おすすめするのだから、一番好きなところから紹介したいと思います。名古屋港水族館です。平松さんが雑誌*1でおすすめの観光地と紹介したこともある、あの名古屋港水族館です。

以前の記事で友人と名古屋旅行をした話をしたのですが、その際にも名古屋港水族館は必須ポイントとして予定に盛り込んでいました。私が水族館好きというのももちろんあるのですが、キャンペーン中(2016年11月終了)につき平松さんのポスターが貼られていたのです!どん! 

f:id:tokyo-0707:20181013003226j:plain

周りのいきものたちも「Yeah!!!」と平松さんが名古屋港水族館の担当なのを喜んでいますね!

名古屋港水族館は見応えのあるポイントが多くあります。イルカショーでは5~6頭のイルカとトレーナーによるダイナミックなパフォーマンスを見ることができますし、水槽ではシロイルカベルーガ)やシャチなどを見ることもできます。現在は改修中ですが、ウミガメの回遊プールもあれば、ペンギンゾーンも広いです。特別展も凝っていて見応えがあります。

特別展 へん(だけど)カワ(イイいきもの)展

イルカプールはショーのときに上から眺めることはもちろん、水中を水槽から見ることもできます。その水槽前一帯にはなだらかで広い階段があり、座ってゆっくりイルカたちが泳ぐのを眺めることができて、平日や、休日でも朝イチに行くと人も少なくて癒されます。

※水槽前からの写真

f:id:tokyo-0707:20181013225511j:image

ちなみに、特典会で尋ねたところ、平松さんのおすすめポイントは深海ゾーンにいる、大きいけどまったく動かないタカアシガニとのことです。(深海ゾーンも広めに構成されています)

f:id:tokyo-0707:20181013003306j:plain

以前、テレビ愛知で放送されていた「こちら!名古屋市ボイメン課」でもこの名古屋港水族館は紹介されたことがあります。BOYS AND MEN研究生の北川くんと米谷くんが水族館を楽しんでいる様子がご覧頂けます。※この動画で紹介されている特別展は終了しています。

 

<アクセス情報>

経路:名古屋→栄→名古屋港(地下鉄東山線/地下鉄名城線 乗換1回)

運賃:270円(片道)

現地までの所要時間:約30分

名古屋港水族館入場料:2,000円(大人)

ドニチエコきっぷを使うと、入場料が200円割引になります。名古屋駅から上記ルートで往復するのであれば、トータルでドニチエコきっぷを買った方が安くなります。(栄スタートでも同じ)

85

*1:グリニッジクリエイティブマネジメント社「click clap!!」2016年3月号 Vol.8

ボイメンのラジオを聴いてみよう!(radikoプレミアム登録は初月無料)

言いたいことはすべてタイトルで言いました。そうなんです、全国のラジオ番組が聴けるradikoの有料(プレミアム)会員登録は、初月無料なんです。

エリアフリーとは ? | radiko.jp

以前書いた、ボイメンのラジオを聴いてみよう!と言うエントリーではこの話をしませんでした。なぜかというと、遠い昔のことなのでこのサービスを忘れていたためです。今日、帰りの電車でradikoさんの中吊り広告を見つけ、「お~、中吊り広告…」と思って読んでいたら、エリアフリーの説明の中に「登録初月無料」の文字が。これ、書かないといけないことだったのではないかと思い立って記事を書いている次第です。

私がradikoのプレミアム会員登録をしたきっかけは、今タイムリーに記事を書きながら聴いている、BOYS AND MEN栄第七学園男組を聴くためでした。

通称「第七」とファンの間で呼ばれているこの番組ですが、推しの平松さんが出演しない(スタジオ見学メンバー)ことを知っていたため、「推しのいないラジオだからなあ」と聴く踏ん切りがつきませんでした。しかし、たまたま一昨年の夏に第七学園合唱部メンバー(本田さん、平松さん、吉原さん)で番組を放送することになり、平松さんが出るなら聴いてみたいなあ、初月無料ならとりあえずこの回を聴くためだけに登録してもいいかなあ、と思ったのがきっかけでした。

平松さんが出演した回、めちゃくちゃ面白かったです。その次の週も登録無料期間中だったので、聴いてみたのですが、めちゃくちゃ面白かったです。(辻本さんの自転車が盗難に遭った回です)

推しが出ていない回でも面白いし、コーナー(ボイギリ部)や年始スペシャルなどでは出演するし、そうこうしている間に他にも番組がたくさん決まって、推しのラジオでの活躍を聴ける機会も増えて今のラジオエンジョイ生活に至ります。

というわけで、聴いてみたら面白かった、と言うのを探すのに、radikoプレミアム会員初月無料を利用してみてはいかがでしょうか?のお話でした。

radiko.jp

 

f:id:tokyo-0707:20181015233029j:plain

86