好きな学ランの話

今まで撮ってきた写真を見直し、何かネタはないかと探していたら、フォトアルバムが学ランだらけなことに気がつきました。という事で好きな学ランの話をします。

 

【BOYS AND MEN・和学ラン】f:id:tokyo-0707:20181108115839j:image

初めて私がボイメンを認識したころに着ていた衣装です。ボイメン☆MAGICの時期はずっとこの衣装で、初めて見た衣装ということもあり、思い入れがあります。47都道府県ツアーのときもこの学ランを着て全国を回っていました。

この学ランの前に着ていたソーレ学ランより、その名の通り、全メンバー和風に仕上がっています。龍や虎、鷹、風神雷神などが刺繍されていて、よりヤンキー感の強まった衣装です。

平松さんの上着から覗く雷神様に日に日に愛着が沸きます。あと、本田さんの衣装に入っている桃色の鯉も好きです。

この和学ランに続くヤマト学ランは、全体的にもっとギラギラしていて、メンバーによってはスタッズやドクロのモチーフがあったり、靴から羽根が生えていたりと少し洋風の要素があります。そのヤマト学ランもかっこいいので迷ったのですが、和風衣装がツボなのでやはり和学ランがベストかなと!

祭nine.・あっ晴れ学ラン】

f:id:tokyo-0707:20181108115914j:image

2ndシングル「HARE晴れカーニバル」の衣装です。祭nine.の衣装は基本的に和風で、前回の衣装である祭学ランも和の要素が強いのですが、それに比べてかなりシンプルなデザインになっています。

上着の右半分メインに柄生地を使用していて、左胸にメンバーごとに異なるワンポイントが入っています。

寺坂、清水衣装は腰部分、野々田衣装はボトムスにも大きいモチーフがついています。浦上、横山、神田、髙崎衣装にはボトムスのサイドに細くラインが入っていて、単色ではなく上着に使われた柄の生地を使っていてかっこいいです。

あと、この衣装から全員短ラン・ボンタンになります。

このシンプルなのに華やかなデザインが好みドンピシャで、新曲のリリースが決まった時に一番最初に思ったのは、「あっ晴れ学ランを着なくなってしまう…さみしい…」でした。新衣装のがってん学ランになったらなったで「かっこいい!!!」となるのですが。
f:id:tokyo-0707:20181108120151j:image

BMK・羽学ラン】

一番最初の衣装である、研究生学ランの進化バージョンというイメージがあります。背中には羽根のとその中央に「BMK」のプリントが。肩章や胸章をイメージした飾りと下の方にBMKの刺繍があります。
f:id:tokyo-0707:20181108183756j:image

この羽学ランも、東海メンバーとトウキョウメンバー(当時)でデザインが少し異なります。東海メンバーは上着にそれぞれのメンバーカラーが入っていて、中のシャツもメンバーカラ―です。

トウキョウメンバー(横山、松岡、佐藤、浦上)はグループカラーの白が上着に入っていて、加えてネクタイがついています。

トウキョウメンバーのネクタイは横山くんがシングルボーダー、松岡くんがダブルボーダー(上写真)、佐藤くんが斜めストライプ(下写真)、浦上くんがドットと柄が異なります。
f:id:tokyo-0707:20181108120558j:image

また、上の写真はトウキョウ学ランですが、左腕のところに名前の刺繍が垂直方向に入っています。東海メンバーも同じところに名前の刺繍が入っていますが、垂直方向ではなく、水平方向に入っています。

メンバーカラー変更により現在はBMKがこの羽学ランを着る機会はなく、祭nine.がボイメンワールドで着るのみとなっています。(祭仕様にリメイク済)

60